2011年12月27日火曜日

自転車とヘビ。






ここに越してきてまっさきに買いにいったのが補助輪付の自転車でした。お隣さんが楽しそうに乗っているのを見て急に興味が出たらしかった。










家のお隣さんは三人兄妹で外遊びが大好きです。フィンランドからきている家族で、雨の日も風の日も寒い日もしっかり遊ぶ。さすが北欧だと思った。末っ子の4歳のKちゃんも自転車をびゅんびゅんとばしているのでそれでレオンも乗ってみたくなったみたい。




もうひとつ、すごく衝撃をもらったことがあります。

ある日、日本のご近所さんが立ち話をしていてヘビを見つけました。子供もたくさん集まってきて、へびー、やだー、とわいわいしていたら、お隣のママのJさんも子供たちに促されて出てきた。そのヘビを見てそっと言ったひとことが


She is beautiful!


その一言にほんとにほんとに心からはっとしました。自分はこわーい、きもちわるーい、かまれたらやだー。なんて幼稚で、そして自然から引き離された自分なんだと。sense of wonder 、自然から感嘆をもらうこと、そういうのに憧れているはずなのに現実にがっかり。もっと地に足つけた生き方しないと、このままたくさんのものをこぼしつづけて生きてしまう、といつまでも耳に痛く残っています。










近所の公園にでかけると、しっかり数キロこいできます。